レガシーフリー

いままで、レガシーフリーというと外部デバイスとの古いインターフェイス(RS-232C等)との決別を指していることが多かったと思う。今ではRS-232Cインターフェイスを持たないPCの方が多い。そして今度はBIOSにまでレガシーフリーの波が押し寄せている。自然な流れかもしれないが、興味深いのはこれはあくまでもIA64プラットフォームを構築する際の付随的現象だということだ。今にして思えば16→32の移行はなぜあんなにスムーズだったのだろう。と思えてくる。(だから今になって破綻したのか?)