A#

Adaは結構古いプログラミング言語な上にマイナーなのでもうせいぜい保守するだけのシロモノと思ってたんですが、dotNET対応版が存在してました。
http://www.usafa.af.mil/df/dfcs/bios/mcc_html/a_sharp.cfm
Adaは型を強固にすることでミスを可能な限りコンパイル時に検出できる点が特徴的で、それゆえに絶対的な信頼性が必要なシステム(航空管制とか)の開発に主に使われると聞いたことがあります。挙動の規格もビット単位で決められたJava並の厳密さも信頼性のひとつでしょう。で、ちょっと物珍しいので言語仕様をざっと眺めてみたんですけど、かなり先駆的な機能がいっぱい入ってますね。登場した時代背景を考えるとかなり凄い。でも、タイプ量多くなりそう。IDE無しではちょっと使いにくいシロモノかも。使わないけどね。