コントロールキー

CapsLockとCtrlを入れ替えると使いやすいことを知った。この入れ替えって割と番のようだけど、凄く納得。これも雑誌「UnixUser」の2005年4月号からのネタである。但し、私が使っているOSはWindowsMeなのでレジストリをいじって変更することができない。95系WindowsではWindows 95 Kernel Toys Setを導入することでコントロールパネルのキーボードの項目にRemapのタブが現れて、設定可能になる。NT系列でレジストリをいじるほどの自由度は無いが、とりあえずはこんなものだろう。なぜかシフトキーとの同時押しが認識されないようなので、必要であれば窓使いの憂鬱を導入すること。これでツーストロークキー等までも可能になる。私にはここまでの機能は今のところ必要ないと思うけど将来のためにメモ。