読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とあるドキュメンタリー番組でスポーツカーの開発を取り上げているのを見たことがある。 開発のコンセプトは燃費と走り感の両立としていた。 だがちょっと待って欲しい。 「走り感」って何だ? おそらくは加速具合とか諸々を統合した概念なのだろうが、最後までよくわからず、私の中で引掛っていた。

そんなことを思い出したのはポン酢のラベルに「果汁感アップ」と書かれているのを見たからだ。 言葉通りに捉えれば果汁っぽさをより強く感じるということである。 果汁っぽさをより強く感じさせるために何をしたのだろうか?

おそらくは私の考えすぎだとは思いつつも、果汁感などという不確かな言葉を使われると胡散臭さを感じてしまう。 香料か何かで果汁っぽさを演出するのだって果汁感アップと言えるわけだし、ラベルに果汁感アップと書くことで果汁っぽさがあるような気がしてしまうのも果汁感アップには違いない。

何がどうなったのか素直に書いて欲しいと思う。

Document ID: 4923834843d16611a4ff2e8232f311be