地域猫活動

私は「地域猫活動」は碌なもんじゃないと思っている。

多くの自治体では動物の放し飼いを禁止している。 敷地外に出す場合には引き綱 (等) を要すると明記されている場合さえ有る。 私もそれが飼い主の責任として当然のものだと思う。

地域猫は野良猫とは違う、管理されているのだと主張する人もいるが、結局は放し飼いである。 よっぽど訓練した猫でも放し飼いにすれば他人の敷地に入り込まないようには出来ないだろうし、全く迷惑をかけないというわけにはいかない。 迷惑をかけられた側が苦情を持ち込んだところで、管理者は何が出来ると言うのか。 せいぜいが多少の後始末だろう。 駆除するわけにいかない分、むしろ不満が溜まりやすいのではないだろうか。

地域全体が納得して多少の迷惑を引き受けるなら地域猫活動も成立するのだろうが、よほどうまく条件が揃わないと無理だろう。 活動を始めればほぼ確実に軋轢が生じる。 野良猫なら不満に思いつつも仕方ないと思えることでも、管理者がいるのに迷惑をかけられたとなると不満は管理者に向かってしまう。 猫を保護したいと思うなら地域猫活動によってという選択肢はあまり良いものではなさそうだと思うのだ。

Document ID: 49db449be2c0eb7168aeeecc528e1bdb