読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Emacs 小指

Emacs ではコントロールキーを多用するために小指が酷使されると揶揄する言葉を見たことがある者は多いと思う。 だが、それは必ずしも正確に状況を表していない。

小指の付け根付近のてのひらでコントロールキーを押せばホームポジションから手をほとんど動かすことなく押せるのである。 私もまたそうしているので、小指を無理に曲げたり過剰な頻度で使ったりすることはない。

f:id:SaitoAtsushi:20130928154427j:plain

だが、残念ながら薄いキーボードではうまく押せない。 また、キーボードの種類によってはコントロールキーより手前に別のキー (たいていは FN キー) があるのでこの方法は使えない。 そういった場合には A の左側のキー (Caps Lock) をコントロールキーとして使うように設定して負担を減らす設定例もよく見掛けるが、実際にはもっと押し易い配置をすることも可能であり、私としては親指で押せる範囲にあるキーがお勧めだと思う。

要するに使い難いところもあるが、だったら使い易い様に設定すればよいという話だ。 その設定が面倒という意見については全くその通りとしか言い様がないわけだが。

Document ID: 4e693a5a943c7eb5c71b41376d2b3401