読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

百円で買うもの

いわゆる百円ショップというものに立寄ることがある。 実に雑多な小物が並んでおり、しかも次に立寄ったときに同じものがあるとは限らないという一期一会の中で気に入ったものを見付けるというのは蚤の市にも似た楽しみだ。

とはいうものの、私は性根が貧乏症であるから、使えないものについての警戒もある。 例えば時計や(はさみ)やペンは百円ショップで買う気にはどうにもなれないのである。 時計は早々に壊れるかもしれないし、鋏は切れないかもしれないし、ペンはインキが出てこないかもしれない。

百円ショップで買うなら食器類が狙い目ではないだろうか。 皿を使っていて唐突に壊れるなどということもあるまい。 少しばかり質が悪いにしたところでそれは見てわかるものであって、時計の質を見極めるよりはよほど簡単だ。 余計な装飾がない簡単な造作は日常に使うものなら(むし)ろ好ましくすらある。

百円なりの粗悪品であっても、よく選べばそれなりに有用だと思う。

Document ID: 79e4ea029bc653258e32ccddb4c9ad19