読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気付いてなくても存在するもの

新興のプログラミング言語として Rust がある。 この言語は Ownership と Lifetime という概念を導入することで不用意なメモリ操作を無くそうとするところに特徴がある。 しかし、 C などでプログラミングするときはオブジェクトの所有権や寿命は管理していなかったのかというとそんなことはない。 どのポインタがオブジェクトに対して責任を持つのか、オブジェクトを解体するのはいつか、プログラマの頭の中では管理していたはずだ。 概念として切り出して言語処理系で辻褄を確認することが可能だという気付きが Rust の設計に反映されているのである。

そんな事例は他にもある。 Scheme で言語仕様に現れる「継続」だって Scheme 特有のものではない。 Scheme で継続が特別なのは第一級のものとして言語仕様に盛り込まれてプログラマが陽に扱えるようにしたというところが特徴的なのであって、表には出てこなくても他の言語でも継続は存在している。 (私が Scheme の言語機能としての継続をいうとき「継続」ではなく「第一級継続」と呼んでいるのはそういう理由からだ。)

一方で、言語処理系が確認する部分を減らしているものもある。 動的型の言語を使っていても想定していなかった型を受取ればエラーになるわけで、しかしプログラムが動作するのはプログラマの脳内で型を管理しているからだ。 大抵の場合には実行時に最低限の確認は入るが型を陽に記述することはない。 これらは何を自動化するかの問題であって正解があるわけではない。 プログラマが自分の能力で管理可能なものであれば言語処理系の支援は邪魔になりうるし、プログラマの能力では管理しきれず自動化して欲しいところであれば言語処理系に頑張って欲しい。

プログラムは書いた人以外の人が読むこともあるので、言語処理系としては無くてよくても書いて欲しい情報というものはある。 Haskell のような強力な型推論機能で型を特定できるのであっても型を明記することがあるのはその方が読みやすいからだ。

そんなわけで、あるプログラミング言語が「簡潔な文法」だとか「アルゴリズムを表現するのに集中できる」といったことを利点として挙げていてもそれが利点とは限らない。 というより利点には違いないだろうがそのために他の利点を捨てていることもあるし、文法が複雑だと思ってもそれが必ずしも不利には働かない。 自分が気付いてなかった概念がそこに「有る」と気付かせてくれるのは無駄なことではない。

Document ID: 120e39dbdb463b05448c14d9a01cfb53