読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Cの本質

本質というものは状況や立場によって異なる。 例えばどこかの企業で事務を電子化しようとした場合、それをやる技術者にとってはメカニズム (アルゴリズム) が本質だろう。 技術者は技術に対して対価を貰う立場なのだから。 その仕組みを使う事務員はどれだけ作業が効率化できるかが本質だと思うだろう。 経営者にとってはそれの導入がどれだけ収支に影響するかが気にかかるはずだ。

さて、プログラミング言語 C についてしばしば「本質的でない要素が多くて初心者向けではない」という主張を見ることがある。 C は高級アセンブラと揶揄されることもあるように、言語の意味論と機械の意味論が不可分に融合していて、ここで本質的ではないと言われるのは機械の理屈に由来する部分だったりするのだ。 (文法にも型表記などに歴史的負債を引き摺っているわかり難い部分はあるが、ここではそれは脇に置く。)

機械を操ろうというのにその仕組みは本質的ではないのだろうか。 プログラミングを問題解決の道具として見るのならば機械の仕組みは本質的ではないのだろう。 しかし、機械の理屈を理解しようという立場でプログラミング入門するならば、むしろ C こそ本質を捉えているともいえる。

「本質」という言葉を使うときには、それがどのような視点で見たときのものかを意識して擦り合わせをしないと噛み合わない。

Document ID: a0427421a16b8bc485ce026fcc12d1c4